教員養成

東京賢治シュタイナー学校では独自の教員養成を開催しています。

本校では、年間10人ほどのドイツ人講師が来校し、生徒への授業と教師研修を担っていただいています。その中で次世代を担う新しい教師の育成の必要性から、ドイツ・ベルリンの教員養成学校と連携した教員養成が始まりました。講師陣は、経験豊かなドイツ人講師及び本校の教師たちです。受講生は1年間の土日の基礎コースで学んだ後面談を経て、最短2年間の教員養成実習コースに進むことができます。講義、芸術実践、実習、論文発表などを修了し必要な単位を取得した卒業生は、ベルリンの教員養成が発行する「シュタイナー学校教員免許」を取得することができます。

2020年度 教員養成土日基礎コース受講生募集!

あなたもシュタイナー学校の先生になってみませんか?

からだをたっぷり動かして数を数えてみる。
美しい色彩をノートいっぱいに描いていく。
わくわくしながらいろいろな生き物たちの姿を伝える。

シュタイナー学校の先生は
子どもたちにとっての世界への扉です。

子どもたちの前で生き生きとした、
イメージ豊かな授業を繰り広げてみませんか?

さらに高等部では、自ら思考を始めた生徒たちと生き生きとした討論を繰り広げ彼らの思考を育んでいきます。

未来の子どもたちが
みなさんを心から呼んでいます!

日本シュタイナー学校協会主催連携型教員養成第3期生募集
および
2020年度 東京賢治シュタイナー学校教員養成土日基礎コース説明会

受講説明会日時 : いずれかの日程にご参加ください。
 4月11日(土)14:00~
 5月30日(土)オープンスクール終了後(詳細はお問い合わせください)
  ※オープンスクールは授業見学・体験もできます。

会 場 : 東京賢治シュタイナー学校校舎
   (JR立川駅から多摩モノレール1駅「柴崎体育館」より徒歩7分)
参加費 : 無料(※参加ご希望の方は、必ずお問い合わせの上ご参加ください。
お申込み・お問合せ:東京賢治シュタイナー学校

<2020年度 教員養成コースの内容>

【基礎コース内容】
 一般人間学・方法論と教授法・オイリュトミー・リズムと芸術 など
 シュタイナー教育とはどのような特徴があり、その背後にはどのような考えがあるのか、その基礎的な内容を講義と体験授業、芸術実践に取り組む事で体験し学びます。 全日程受講者には、受講修了証をお渡しします。 終了後、希望される方は面談に合格すればさらに「教員養成 実習コース」に進むことができます。

【コース日程】 全8日間
 ① 8月 22・23日(土・日)
 ② 10月31日・11月1日(土・日)
 ③ 1月 9・10日(土・日)
 ④ 3月 27・28日(土・日)

【講師】
 東京賢治シュタイナー 学校の担任教師・専科教師
 ドーリス・シューラ―(元ニュルンベルグシュタイナー学校担任教師)

【受講資格】 シュタイナー教育に関心のある方
【定員】 12名
【受講料】 16万円(分割可・早期割引有)
【時間割】
  9:00~10:30 一般人間学
 11:00~12:30 方法論と教授法
 13:30~14:30 オイリュトミー
 15:00~16:30 リズムと芸術

こちらの教員養成講座は日本シュタイナー学校協会主催の連携型教員養成講座の基礎コースとなっています。連携型教員養成講座に登録した方は、本校の教員養成講座、『シュタイナー教育講座』、『金曜夜・大人の体験授業シリーズ』に参加された際には単位修得が認められます。こちらもぜひご覧ください。

お申込み・お問合せ