2024-2025年度教員養成講座 説明会受付中です

本校の歴史

目次

創設者・鳥山敏子

東京賢治シュタイナー学校の創設者・鳥山敏子(とりやま・としこ)は、30年以上にわたって公立学校の教壇に立ち、生きた鶏を絞めて調理する、豚を丸ごと解体して食べるといった「いのちの授業」をはじめとした型破りなスタイルで、子どもたち、そしてその親たちと向き合ってきました。

なんとしても子どもたちが生きる希望の持てる社会を、大人の責任においてつくりたい。子どもと子どもがつながり、教師と親がつながる『賢治の学校』を、星の数ほどつくっていこう

そんな彼女の想いや、それに惹きつけられた大人たちの情熱から、東京賢治シュタイナー学校は生まれました。

沿革

設立当時(1977年)の学校 
1994年   「つながれいのち」を合言葉に、賢治の学校を立ち上げる
1995年9月長野県美麻村に若者の学校を開校する。また全国で若者・大人・親たち中心の学びを展開
1999年東京都立川市に拠点を置き、全日制の小学部として初めて1年生を迎える
2003年自由ヴァルドルフ連盟より正式にシュタイナー学校としての認定を受ける
2004年1月多摩川のほとりの現校舎に移転
2005年高等部開設 幼・小・中・高一貫教育が実現
2011年1月ユネスコスクール認定校となる
2013年4月東京賢治の学校自由ヴァルドルフシューレから東京賢治シュタイナー学校に校名変更
2013年10月創設者 鳥山敏子永眠
2016年ユネスコスクールESD重点校に選ばれる
2017年~18年 校舎修繕工事
2019年4月小学部開設20周年 記念事業開催
2019年5月企業主導型保育事業施設「つめくさ保育園」開園
2022年3月13期生卒業を迎え卒業生総数が149人となる
2022年4月幼小中高合わせて212人の児童生徒が学ぶ
2022年4月現在
現在の校舎
目次