2024-2025年度教員養成講座 説明会受付中です

学校生活

本校での学校生活についてご紹介します。

目次

スケジュール

本校は全日制の学校です。基本的に週6日(月曜~土曜)が授業日です。

一日の過ごし方

  • 登校時間
    • 小中学部 …7:45まで
    • 高等部…8:00まで
  • 下校時間
    • 小中学部…平日13:00〜14:30/土曜10:00〜11:30
    • 高等部…平日15:30~18:00/土曜12:00~18:00

・登校時間・下校時間は、学年によって異なります
毎週土曜日にも授業があります(半日授業)。イベントや親の活動なども、主に土曜日に行われます。
1~3年生の登下校は、親の送迎が必須です。3年生以降は子どもの様子を見ながら判断します。
・本校では給食がありません。お弁当とおやつ(軽食)を毎日持参します。
・放課後、1〜6年生は学童、7〜12年生は部活動があります。(希望者のみ)

例①3年生の一日

7:30~7:45 登校
7:45~8:00 教室掃除、花瓶の水換え、机の準備など
8:00~9:45 エポック授業
9:45~10:30 掃除・中休み・おやつ
10:30~11:15 2時間目
11:20〜12:05 3時間目
12:55~ お弁当・昼休み
14:00~ 下校・学童

例②9年生の一日

8:00までに登校
8:00〜9:45 エポック授業
9:45〜10:00 掃除
10:00〜10:30 おやつ・中休み
10:30〜11:15 2時間目
11:20〜12:05 3時間目
12:10〜12:55 4時間目
12:55〜13:45 お弁当・昼休み
13:45〜14:30 5時間目
14:35〜15:20 6時間目
15:20〜15:30 帰りの会
15:30〜 下校・部活

一週間の過ごし方

3年生の時間割の例

スクロールできます
1エポックエポックエポックエポックエポックエポック
2クラスクラスクラスクラスクラスクラス
3手仕事クラス英語クラス英語
4体育音楽手仕事ドイツ語オイリュトミー

※「クラス」とは、クラス担任の判断でそのクラスに必要な取り組みを行う時間です。

長期休みについて

本校における長期休みは以下の通りです。

  • 5月休み …ゴールデンウィークは平日も休み
  • 夏休み …7月下旬~8月末
  • 秋休み …10月下旬~11月上旬の間で1週間程度
  • 冬休み …12月下旬~1月上旬
  • 春休み …3月下旬~4月上旬

学童保育

放課後の学童保育では、1年生〜6年生までの子どもたちが縦割りで関わりながらダイナミックな活動が繰り広げられます。豊かな創造力と社会性が養われる、学校の中の大切な場所です。

  • 対象学年 1年生〜6年生まで
  • 時間 放課後〜17:00まで(延長学童は18:00まで)
  • 内容 宿題、自由遊び、おやつ等

本校の学童の特徴

学童では、昔の大家族や近所の友だちとの遊びのような、異年齢と多様性の中での密な関係があります。たくさんの子どもたちと遊び、ケンカをしてまた仲直りをしてという、濃い人間関係を過ごすことによって、社会性を身につけることができます。
また、学童の先生とクラス担任が密に連絡を取り、学童で何が起こったかを共有して、フォローが必要であれば、次の日にクラス担任がすぐ対応できるようになっています。

また、本校の学童は、親の就労を支えるためでもありますが、同時に親が一緒に関わって作るものでもあります。
長期休みには、親が可能な範囲でスタッフとしてサポートに入ったり、様々な出し物や企画を行って、子どもたちの充実した時間を皆で作っています。

長期休み学童について

夏、冬、春の長期休みには、朝から夕方までの学童を行っています。
※GW中の平日、秋休み、お盆・年末年始は学童はありません。

  • 時間 8:00~17:00(月~金)
  • 内容 宿題、自由遊び、昼食、おやつ等
  • 特別プログラム 日によって、それぞれの季節ならではの体験やイベント、ゲストを招いての様々な企画を行っています。

料金

料金の詳細

■通常学童(〜17:00まで)

  • 定額制…9,000円/1か月
  • 日額制…800円/1日

■延長学童(〜18:00まで)

  • 定額制…6,000円/1か月
  • 日額制…250円/30分、500円/1時間

■長期学童(夏・冬・春休み)

  • 定額制…9,000円/1か月(通常学童に準ずる)
  • 日額制…1,000円/1日
  • その他、特別プログラムにかかる実費(500円程度)

部活動

7〜12年生は部活動に入ることができます。(希望者のみ)
本校の部活動は、生徒からの発案で、生徒主体となって行われるものです。
高等部は、一人ひとりの個性ややりたいことがはっきり出てくる年代です。授業や教科以外とはまた違う場があることで、多様な生徒の個性が発揮でき、生徒がやりたいことにチャレンジできるよう、学校としても可能な限り支援しています。

目次